ケーススタディ:高齢者の為のケアホーム

石巻市渡波にあるこの施設は、INJMが施設オーナーに対して展開している支援を知って頂くためにもとてもよい例だと考えています。年配の方々に対してのケアだけでなく、その他の様々な活動も行われています。

活動例:瓦礫撤去、汚泥の掘り起こし、清掃、修繕、床設置、断熱材設置、壁設置、天井設置等。

実質活動時間:14時間

活動の詳細:


年配の方々の為のケアホーム:ホームの内外ともに、汚泥が取り除かれ、清掃されました。

この建物の1階は、津波とそれによって運ばれて来た木材によって酷いダメージを受けていました。まず最初に取りかかったのは、家の中から全ての瓦礫を取り除くことでした。その後壁、床、天井をはがし、家の土台にたまった津波が残していった砂を取り除きました。そして、はがした素材で使用できるものを洗浄し、こびりついた汚れを落としました。(上の写真参照)

断熱材と新しい床材を設置

洗浄した材料を乾かし、室内の温かさを保つ為に断熱材を入れました(上の写真:明るい青色の素材参照)その後、新しい床材を敷きました。次は壁に断熱材を入れ、壁ボードを設置する作業です。(下の写真参照)

壁の断熱材と壁ボードを設置

清掃・修繕が終わった施設は完成し、現在、人が住むことができます!

flattr this!

Go to Top