船越漁業産業

船越村の漁業コミュニティでは、船や網等の漁具に大きな被害を被りました。漁業に欠かせない道具の多くが、海へ流されてしまいました。

家屋が被害を受けたため、コミュニティを石巻の仮設住宅施設(船越から車で一時間)へ移動せざるを得ませんでした。漁師達は船越へ毎日車を走らせ、船の修復作業に当たりました。漁具の一部は修理可能ですが、船外機などは修理が不可能なため交換する必要がありました。冬期の漁期が近づいていたため、コミュニティにとって優先すべきは船の準備でした。コミュニティは、協同組合として機能しています。つまり、船、網、労働力、さらに漁業からの利益もコミュニティ内で共有します。コミュニティ自体を自立させることは、多くの人々の生活に直接影響を与えるのです。

INJMは、アルファコープ、HelpJapan.be(ダーク・ヘンドリック)、Foreign Volunteers Japan(マイク・コノリー)、在日英国商業会議所(ロリ・ヘンダーソン)と連携し、船越の漁業者のために大型産業冷蔵庫を調達しました。

現在は適度な大きさの船外機を調達するため業界内の関係者と調整を行っています。

寄付/支援をお願いします(連絡先):

  • 漁船用の船外機、メーカー不問(最低40HP、4ストロークモーター)
  •  冬期用漁具(肘丈のグローブ、防寒・防水コート等)

flattr this!

Go to Top