Guest Blog

takuyaBlog1

INJMでの長期ボランティア – 拓也 根本 [GB]

すべてのゲストブログのエントリ-は通常のエントリ-と区別するため、[GB]の印をつけます。

 

私は8月3日から23日までの約3週間を宮城県石巻市で活動をしているIt’s Not Just Mudで過ごしました。私がボランティアをしようと思った理由は、3月11日の震災から約1年半が経ち、それに伴いメディアでの報道が少なくなり、被災地の現状を知る機会が減ってしまったからです。また、メディアの報道だけではなく、実際に自分の目で見てみることで、自分にもできることをやりたいと思ったからです。

 

3週間という長期ボランティアは初めての経験でしたので、不安はありましたが、It’s Not Just Mudのメンバーの方々はとても親切で、何もわからない私に丁寧に教えてくださいました。メンバーの方々の親切さのおかげで、不安もなくボランティア活動をすることができました。私が行った活動は、寺での瓦礫駆除や、ホタテの貝殻の仕分け、東松島市での祭りの運営補助、津波で大きな被害を受けた船越村でのチャーム作り、家屋のペンキ塗りなど多くのことをやらせてもらいました。津波で流された場所にも家や店は建てられ、街並みもきれいではありましたが、瓦礫の山や津波でひっくり返った家や津波の時刻で止まった学校の時計を見ると、津波の恐ろしさやすさまじさを感じることができました。

 被災地の方々と話をする機会も多くあり、地震当日の話や今日までの事を聞くことができました。宮城県石巻市は地震による津波が起こることは珍しくないそうですが、今回ほど大きな津波は初めてで、一度非難した後に、自宅に戻り津波に流されて亡くなった方も大勢いたという話を聞き、津波を見たことがない私にとっては、想像を越える話でした。しかし、被災地の方々は前向きに暮らそうと、明るく元気な笑顔をしておりました。なにか被災地の方々のお役にたてればという思いで、私は宮城県石巻市に行きましたが、被災地の方々の笑顔で逆に元気をいただきました。

 

3週間という短い期間ではありましたが、現地でしか知ることのできない多くの事を知ることができました。被災地の復興はまだまだ途中です。3月11日の震災を私たちは決して忘れてはならず、これからも継続的に活動を続けていきたいと思います。

マイストリー(GB)

たつみからの投稿です。彼は偽ロシア人の仮面をかぶった日本人です。彼のバランス感覚はいいとは呼べない  ジェイミー

(more…)

おばあちゃんのために[GB]

すべてのゲストブログのエントリ-は通常のエントリ-と区別するため、[GB]の印をつけます。- ジェイミー

私は昨日石巻に戻り、そして大学のキャンプ場に行くためのバスを待っていました。

その時、朝の散歩に出ていた可愛い小さなおばあさんとバス停で会いました。

彼女は私と話をする為に日陰で少し休むことを決めました。

私たちはこの町について話して、そして津波の被害について話しました。

私の日本語あまり上手ではありませんが、彼女はそれを気にしていないようでした。

そして私は彼女に私の話を伝えようと思いました。

私は、私が東京に住んでいて、東京からもっと多くの人を石巻市と東北を助けるために連れてきたい、ということを説明しました。彼女は私の両手を握って、私の目を見て”ありがとう”と言って..その後、彼女は泣き始めた…そして私も泣き始めました。

泣いた後の少し気まずい瞬間を経て、また気持ちを整理して私たちは話を続けた。

今まで私は、私たち個人が持っている直接的な影響だけを考えていた。私たちが片付けた家に住む人たちや、直接私たちからの支援を受け取る人。でもそれはもっと幅広いものでした。

それは、誰かがこの巨大な災害で苦しんでいることを気に留めている、そしてその誰かが進んでその為に何かをしていることを知ること。私は自分が行動を起こす人間だと決めました。

一緒に行きますか?

石巻 – バールと味噌汁[GB]

本日のゲストブログはマシューからの投稿です。彼は昼間は温厚な英語教師で、そして夜はた だの温厚な人です。この文章は彼個人のブログからの転用です。彼のブログは本当にシンプル で素敵だし、無駄なことがない。そして同様にブログの文章も非常にうまく書かれています。 彼のジャーナリズムの修士号は何かに役立っているようです。 – ジェイミー

今週私は石`巻市に行きました。北東日本の宮城県の海岸に位置する町は、2011年3月11日に町 を襲った津波によって破壊されました。初期の災害から、現在5ヶ月が経過しましたが、災害 で起こった問題の規模を言葉で説明するのは今でも非常に困難です。

私が少しだけ協力することが出来た、清掃作業についての事を書こうと決めましたが- 私は何を書くかを決定するのに苦労しました。私は”話題の豊富な” 記事を書くことが良いか- 論点/人々/問題 についての要約記事をかくべきか ?それともブログ記事のようなもの ? 多分、”日記”のような記事だったらこれらの問題について詳しくお話できるかもしれません。

もちろん、何かを書こうとしているほとんどの人は、誰のために書いているのかという明確な アイディアを持って始めるでしょう。だから私も誰のために書いているかという事を自分に聞 いてみました。ずっと考えて、第一にそれは自分のためだと結論を出しました。多分それはカ タルシス-  私が自分の経験との折り合いをつけるのに役立つし、この記事に自分の感情をま とめられる。しかし、私の経験を共有することは、もっと多くの人々がボランティアをするこ とが出来るということを理解する助けになるでしょう。助けるとことができる、と同時に必要 な支援を理解し、それを頭の中に入れておく手助けも出来ると思います。

このような経験を書くときには 誰のためにするかとその理由を平行して書かなければいけな い。だから、私の”おわり”は世界がこれらの問題について”知り続けていくことになると思う。

ニュース的な”出来事”は時々、それらの問題を編集者達と読者達の心に留まっておくために必 要であるけれど、その出来事が発生した時には皆、明けても暮れてもその問題に直面する  - 時々一見果てしない- だから、そして残念なことにその出来事の印象は軽減されていく。 ニュースの話題は、通常新しいものを提供しようとする-今起こったばかりの出来事- でも私は 石巻市の中で現在起こっている問題の小さな事について、自分の考えをここで共有できればと 思います。

もちろん写真のイメージは強力ですが、最近私たちは遠くの離れた戦争で荒廃した土地の様な 場面を見る事によって物事を感じる度合いが鈍っていると思います。 私が石巻とその周辺地域で見たものは、写真のようなものでした。映画のセットの様。 完全に破壊されて、ある場所は強制的に見捨てられた様な、3月11日から-何ヶ月ではなく-何 年も経過しているように感じました。

時折使われるゴーストタウンという決まり文句は、ここではあまり意味をもたない-被害の詳 細が私の心に響くために。それはどこにでも居るハエを意味する。それは臭いを意味する。そ れはアパートの二階の垂木の中の砂を意味する。湿気。湿気の元。厚いヘドロ- 泥沼、沈泥、 砂それかただの泥と呼ぶ。ガラスと金属の破片は機械や、車、建物から剥ぎ取られた。ぬいぐ るみは、太陽の下で色あせていた。そして人々。良い人々。働き、汗をかき、試みている。こ More >

Go to Top